柔軟な対応

Posted on 19 12月, 2020  in 日記

今、受注できるかどうか分からない、とあるお客様よりお問い合わせをいただいております。

相談内容は「家の裏山の岩場から水がしみ出てきており、どうにか止めれないものか?」

というものでした。

 

これ、そもそもどこに相談していいのか分からないような案件。

まず、わが社に相談いただいたことがとてもありがたい事です。

 

さて、実際に現地を確認してみると一面岩盤で、水を止めるにはなかなか難しい状況である。

ここ広島県は花崗岩が多く、岩の亀裂ができやすい。それが無数にあるから水がしみ出てくるとそこらじゅうから出てくる。

 

造園であり、建築であり、地盤調査でありいろんなジャンルに関わることなので、念のため専門家に相談。

結論は水を止めてもまたどこかからしみ出てくる。

完全に止めることは不可能であります(^-^;

 

 

水がしみ出てくることによって心配なのが家のほうに影響がないかどうか。

それをクリアするために今回はしみ出てきた水を桝に集めて逃がすという判断でした。

 

その他、崩れそうな部分があったり、水が漏れている可能性のある所は一部補修。

100%止めるというよりは、量を減らしてリスクを下げる感じでしょう(*^^)v

 

一応、地盤調査の専門家とも現地確認しました。

これは造園屋が直接お客様に話すより説得力がありました(^-^;

 

この仕事が決まるかどうかは分かりませんが、メッチャ勉強になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>