Category: 日記

入札結果

Posted on 19 2月, 2019  in 日記

昨日、東広島市が発注する樹木維持管理の入札結果が出ました。

これは、わが社が1年間安定して仕事があるかどうか、金額も太くかなり重要な入札です。

結果は、・・・・・・1件も落札できず(>_<)

 

でも落ち込まない。

ってか、こんなことで落ち込んでは経営者失格でしょう!

 

この入札は、ほぼ運で落札かどうか来まる。

今の電子入札の仕組みですが、落札金額に乱数を掛けて微妙に変動するようになっています。

したがって、近い数字を出しても数千円差で落札できなかったりする。

 

今朝の朝礼ではこのことについて話をしました。

運で受注できるかどうかの仕事にわが社の運命は託さない。

 

逆に受注できなくても利益が出る体質にしよう。

これはチャンスだ!( ̄^ ̄)V

 

また、入札で受注できなかったぶん、営業をして受注を増やさないといけない。

これもまたチャンス!

 

それを繰り返して会社は成長する。

おわり。

 

現場での出来事

Posted on 18 2月, 2019  in 日記

 

とある現場(個人のお宅)の工事が先日完了しました。

そこら一帯は新築が数件建っている(工事中)現場でした。

 

で、そのあたりの現場へ行くには同じ道路を通る必要があります。

色々な業者が通る道なので、誰かが道路を汚してしまう可能性があります。当然、うちもいくら汚したと思います。

 

まあ、こんなことは現場ではよくあることです。

そして、誰が汚したとか、汚していないとかいう話もよくあります。

 

わが社では朝礼でも頻繁に伝えていますが、現場が終わるときれいにするようにしていますし、社員もそうしてくれていると信じています。

具体的な内容は語りませんが(笑)

後になって思わぬことが起きました。言う人によって、言っている内容が異なるのです。

 

さて、こんな時どうするか。

本当の正解はわかりませんが、その時の状況を総合的に考えて判断します。

 

最後はお客様に迷惑をかけないよう、気持ちよく引き渡しができるよう対応しました。(お客さん立ち合いのもと、きれいにして引き渡しました)

 

正直、おかしな部分もありました。確かにわが社の落ち度もありました。

一つ言えることは嘘をつかず、失敗したことに対して真摯に対応できたことです・・・・・

どうやって仕事をもらうの?

Posted on 28 1月, 2019  in 日記

最近、同業者から時々「堀内さんはどうやって仕事をもらっているの?」と質問されます。

今はほとんどお客さんのほうから問い合わせを頂いているので、特に営業には回っていないと答えます。

ただ、自社が扱っている商品、造園工事、緑地管理、販売など仕事内容ごとに戦略は立てています。

細分化すると、造園工事も公共(ここ数年受注できていない)と民間があり、その中でも植栽、石工事、外構、伐採・・・・などなど多くあります。

 

わが社の営業方法はここ10年で大きく変わりました。

10年前は売り上げの半分以上がハウスメーカーの下請け工事。

そこでの営業方法はまずメーカーの言うことに従う。無茶な工期などありましたが都合よく動く。

時には安くて損するのを分かっていて受けることもありました。(でないといい仕事もまわしてもらえませんでした・爆)

今のわが社から考えると、180度違うといってもいいほどの営業をしていましたね。

 

それがある日気づくんです。(遅いか・・・)

この利益では会社も維持できない、お客さんのことを考えていい仕事もできない。

いい事といえば、元請といい関係であれば安定して仕事をもらえる。(これは逆に営業の感覚鈍る原因になります)

「このままじゃあ、社員に賞与も払えない」

「元請に振り回されてほかのお客さんにもしわ寄せがくる」

「結局言いなり?売上伸びても利益率は低く」

 

それでやっと平成24年にハウスメーカーとの決別を決断するのです(苦笑)

そして決めるんです。

「これからはわが社が元請の仕事をメインにしていこう!」

根拠のない自信しかありませんでしたが(笑)

 

会社の方針転換して、一時は売り上げも一気に3割減でしたが、

会社としての適切な利益は確保できるようになりました。

 

営業のテクニックに関しては、うーーーんといつも悩みます。

本を読んだり、同友会などでアドバイスを頂いたりもしましたが、結局これをすれば仕事がどんどん入ってくるというもはなく。

とある先輩から聞いた話ですが、「営業は薄い紙を一枚ずつ積み重ねるようなものだ」

それまさに、実感しています。

・自社の商品がお客さんに伝わっている。

・施工の質が高い

・お客さんにいい提案ができる

・電話対応がいい

・事務所がきれい

・社員のモチベーションが高い

・アフターフォローがしっかりしている

・造園の大会で表彰された

などなど・・・・

あげるときりがないですね(笑)

 

結局、会社がとうか?トップがどうか?というった部分に戻りますね。

仕事はその会社に見合った仕事が来ます。

足立美術館の年間管理の話がうちに来ることはないですが(爆笑)

世間話から数百万の仕事につながることもあります。(信頼していただいているから?)

 

ただ、わが社の10年後を考えると「このままでは限界がある」という危機感も少しあります。

では!!

造園業の働き方改革

Posted on 21 1月, 2019  in 日記

とある造園の組合(全国規模)が発行している新聞に「造園業の働き方改革について」の記事がありました。

 

これは造園業1133社を対象にアンケートをとった結果として載せてありましたが、アンケートのとり方がおもしろい。

①企業が考える造園技能者が定着しない理由

②離職者がこの仕事を辞めた理由

 

違う目線から、とったアンケートですが、主な結果として・・・

・休みがとりづらい

・作業がきつい

・労働に対して賃金が安い

・遠方の作業場が多い

 

などが特に多い回答でした。

確かに同業者でも若手社員の獲得や育成に苦労されている方が多い(^_^;)

そんな話をよく聞きます。

 

皆さんは造園の仕事についてどう思われるでしょうか?

私が就職した20年前は怒鳴られたり、無茶を強いられたりすることはよくあり、休日出勤もたびたび。普通に理屈の通らないことをさせられていました(笑)

最近はそのようなことはあまり聞きませんが、まだまだ男の世界・・・というのが現状です。

 

今の時代、社員を優しくするだけがすべてではないですが、なぜこうなるのか?どうしてそうするか?ある程度の説明が必要であると感じています。

そして、この仕事のおもしろさや夢を語ることも必要ではないでしょうか?

また、会社であれば労働環境の整備。

近年、新卒採用で高校の進路指導の先生や親御さんと話す機会も増えましたが、何の経験もない子が仕事を覚えて、どんなスキルを身に着けて、将来いくら稼ぎたいかなど、ある程度は明確にすることが必要なのではないかと思います。

 

色々な造園会社の社長さんと話す機会がありますが、社員を育てたい、大事にしたいというのはみなさん同じように思われています。

 

勉強することも大事ですね。

よっしゃ、うちも頑張らなければ(^^)

格安造園業者に注意

Posted on 18 1月, 2019  in 日記

最近、極度に安く仕事を受注している同業者がいます。

仕事がない場合に、どうしても確保したくて安く受注することはまれにはありますが、限度を超えています。

 

入札や相見積などもそうですが、他の造園業者の1/5程度で受注しています。

当たり前の話ですが、そこまで安くしてまともな仕事などできるはずありません。

極端に安い場合は必ず裏があります。

 

造園の仕事、例えば剪定などは手間のかけ方によって金額が幅広く変動します。

予算を抑えて最低限の方法をとる場合、しっかり手間をかけて仕上がりを良くする場合。

樹木など生き物を扱っているわけですから、大切にするのが前提です。

汚い仕事や手を抜いてまで格安で受注する業者はこの地元では聞いたことありません。(東広島では)

 

我々はお客様にいい物を提供するのと同時に、社員やその家族が幸せになることも大事にし、会社も発展させなければいけません。

 

とんど

Posted on 15 1月, 2019  in 日記

日曜日は地元の「とんど」でした。

私が子供の頃(30年くらい前)は人も大勢参加して夜に燃やしていましたが、近年は昼から燃やしています。

サイズも昔に比べてかなち小さくなっています。

参加者も7割くらいが高齢者だっただろうか(^_^;)

 

ちなみに「とんど」のいわれは小正月の火祭りで、門松やしめ縄などを持ち寄って焼き、その火にあたったりお餅を焼いて食べ、無病息災を願うものです。

昔と違う意味でよくなったのが、近年は焼きそばやBBQなどもとんどでやっています。

来年はうちが役員です(^^)

KIMG4998

新年始まりました!!

Posted on 8 1月, 2019  in 日記

2019年、わが社もスタートしました!!

1年しっかり頑張って行こうと思っていた矢先にですが、わが社のOB社員であり日当できてもらっていた社員さんが急遽辞めることに。

朝会社に来てその意思を聞き、30年近く務めた社員さんはあっけなく退社しました。

 

「いい社員が、来るのも辞めるのもすべて社長の責任」とは常に考えていますが、何か穴が開いたような気分です。

ほかの社員さんとの関係は悪くなかったと思いますが、本人の意思は尊重します。

 

会社にとってはマイナス部分もありますが、プラスの部分もあります。

他の会社で働かれると思いますが、頑張っていもらいたいと思います。

よくない会社へ引っ張られていないことを願います。

 

一つ残念なのは、先代の頃から来てもらっている社員がほぼ0に。

会長の意思を受け継いだ社員に残っていてほしい部分もありましたが、そこは前向きに。

残ったメンバーで新たな歴史をつくっていきます。

 

と、年始にいきなりドタバタしましたが堀内造園は今年も「挑戦」の年にしていきたいと思います。

社員もかなり若返ってきました。そして、人生ベテランのパートさんも増えました。

そこで何らかの化学反応がおきればいいと考えています。

 

とにかくやってみること。

一年よろしくお願いします(^o^)

IMG_0006

K校 花壇植栽工事

Posted on 25 12月, 2018  in 日記, 未分類

先日、東広島市内の某学校の敷地内に葉牡丹を植栽しました。

KIMG4865

これは仕入れた時の写真です。

わが社は在庫を沢山抱えてはいませんが、ご依頼いただければたいていの植物は取り寄せ可能です。

在庫を置くと管理の手間がかかるので高く売らざるを得ません。

ということで毎回、必要分だけ仕入れています。

今回は市場で仕入れたものを新鮮なまま使用(笑)

 

そして植栽(^^)

RIMG8261

今日は2年前に入社したブレア(Blair.Jackson)が植栽してくれました。

RIMG8271

このブログを見られた方で、ほしい植物の苗があればお声かけください(^o^)

 

 

ツリーハウスの打ち合わせ

Posted on 14 12月, 2018  in 日記

 

新たな事業として、ツリーハウスに取り組んでいます。

ツリーハウスと言えば日本で第一人者である小林崇氏。本日は2回目の打ち合わせをさせて頂きました。

KIMG4841

実は打ち合わせは20分程度。

私は昼から空港~昼食~現場~宿泊所~空港と約半日お供させてもらいました。

KIMG4838

受けた刺激は大きかった。

仕事の話、人生観、ツリーハウスの話、オレゴンでのイベントの話。

沢山話させていただきました。

 

話のスケールがでかいと思う反面、しようと思えば挑戦はできる。

自分自身、もっともっと視野を広げたい。

社員がもっとも活躍できるステージをつくりたい。

想いのこみ上げる一日でした。

 

ちなみに、小林さん来年8月に情熱大陸に出られるそうです!

わが社の元社員と。

Posted on 3 12月, 2018  in 日記

今日、久々にわが社のOGが来てくれました。

彼女は6年前に退社して、その時はあまりいい状況でなく、また会う事はないのかなと考えていましたが嬉しいことです。

当時は私も社長になりたてで、今に比べると周りが全く見えていなかったように思います。

彼女は現在、色々なことに挑戦されてとても活躍されています。

30分程度話をしましたが、懐かしい思いと彼女の可能性を多く感じました。

今後も協力できることは協力させてもらえればと思います。